コンピューター

LinuxのApacheは無くなるのか

新年あけて2023/1/11に飛び込んできた記事で、Linuxの実質標準であるwebサーバーApache(アパッチ)が名称変更の訴えを起こされているみたいです。

サーバー管理者からすれば、このApacheと言うプログラムは切っても切れない愛着と、いやでも絡んでくるサーバープログラムだ。

役割はApacheの役割は、Linux上の、指定したディレクトリをクライアントに公開し、ディレクトリに置かれた情報を、クライアントから参照できるようにすること。

つまり皆さんが現在wwwでアクセスして表示させる機能を持った、インターネットでは必要なプログラムなのです。

いきなりなんでなくなるのか?プログラムが無くなるではなく、名称のApache(アパッチ)が「先住民への敬意と独自の行動規範を守るために名称変更せよ」だそうです。

当時名前を付けたベーレンドルフ氏は当時はやっていたアプリの名称が、スパイダーXXXやサイバーXXXの様な名称が多いなか、たまたまTVのドキュメンタリーで先住民族のアパッチが放送され、ロマンを感じてつけたそうです。

私も、初めて使った時に、シンボルマークのアパッチの綺麗な羽のロゴが印象的でした。今でもそのロゴは使われています。

最近日本でもそうですが、環境問題や人種差別問題等に関して、思わず「そこまで」と思うような敏感な方たちが増えたような気がします。
遠い昔の先住民たちが勇猛果敢だったというイメージからチーム名として採用したようで、決して差別的な意味合いはなかったのだろう。しかし、改名推進派は「先住民は好戦的という差別を生みかねない」と主張されているようです。

私の感覚では全く好戦的などと思わない。逆にインターネットの世界でwebサーバーNO1として未だ君臨していることこそ、名誉ある名前の様な気がするのは私だけ?

おすすめ記事

スパム 1

おまとめページ 長年ネットの仕事に携わると、取引先やドメイン登録、外国のソフト購入等でメール登録で色々使ってきた。 使っているメールもフリーメールでないためスパムは非常に迷惑な話である。 近年は、詐欺 ...

2

目的を忘れた銀行へ 「銀行はどこへ向かうのか。搾取のルール」でお話ししたように、銀行の体たらくぶりには目を見張るものがある。 何故日本人は怒らないのか!それは怒っているけど誰に向かえば良いのかがわから ...

スパム 3

まず初めに下記のドメインは直ちにドメイン指定で受信拒否するか、それぞれのIPで撃退したくなるようなむかつくサービスを提供している。 提供元は記載しないが悪意に満ちた運営者であることは間違いない。しかも ...

4

過大広告かの判断はそれぞれ個人にお任せますが、これまで以下のような文面が踊る。 VRコンテンツの制作・公開・分析が1ツアーたったの800円/月 実際は最低8000円の契約をしなければならない GMOの ...

5

いわゆるパロディの権利を侵害に疑問を持ったのが今回のテーマです。 パロディとは,文学作品や美術作品,あるいは特定の人物を模して,ユーモアや風刺等を表現するもので、日本は比較的寛容な風土があるといえる。 ...

6

児童手当削減、システム改修費に289億って????? 驚き!「児童手当制度の見直しに対応するため、各自治体のシ. ステムの改修等に要する経費を支援する。」と予算案にありました。 LINEの統一クラウド ...

7

杏林大学の助産師課程でパワハラではないのか?という噂が あくまで噂なので取材を進めなければ本当のところは現在不明です。 事の発端は2015年から「助産師課程の卒業率が下がっている」と言うのが発端のよう ...

8

GMOの評判は千差万別で嘘か本当か判断しかねる記事は多々ある。 インターネットの世界は、一方通行のサイトも多く、一般ユーザーとの相互関係が薄いため、噂が噂を呼んで情報が独り歩きするケースが多々ある。 ...

-コンピューター