「潰れたつもりで損を」の激安店、自己破産申請

投稿日:

愛知県西尾市の激安スーパー「生鮮市場ビッグママ」の運営会社、サンルート(同市)が19日、名古屋地裁岡崎支部に自己破産を申請した。信用調査会社の信用交換所名古屋本社によると、負債額は約7億6000万円。採算を度外視した営業が響いたとみられる。

ホームページのキャッチは

2018.07.16
【WEBチラシ】
オギャーと生まれて11才2ヶ月今回も潰れたつもりで損をします!!

2018.07.12
【WEBチラシ】
ご安心ください!ビッグママは安売りの店です お馬鹿値市
2018.07.09
【WEBチラシ】
ビッグママにはどえりゃ~安いもんがあるでよ~!安売り大将
2018.07.05
【WEBチラシ】
ピンチの後には必ずチャンスが来る。私たちはピンチが来ても慌てません。熱血安値で開催中!部門対抗こんな値段でど~ですか市
2018.07.02
【WEBチラシ】
神様を信じるか信じないか。神様を信じる人は裏表のない人です。熱血店長 牧野学 炎の祭10

うーっ、予想通りこんなことになったね。「私たちはピンチが来ても慌てません」が痛すぎる。倒産3日前には「潰れたつもりで損をします!!」だぞ!ほんとにつぶれてどうするのだ。代表取締役 小林 旭 (昭和のスターと同じ名前だ) 赤いトラクターとかやってたね。

いつも言っているが「安すぎ」は悪だって。適正価格じゃないと誰も幸せにならないよ。
「地域最安値」を掲げて「うどん1袋9円」「250円均一弁当」などの安売りを展開してたようで、「うどん1袋9円」って、仕入先も泣いて儲けはないだろうが、そもそも9円じゃ食べ物価格じゃないだろう。(ぷんぷん怒)

意見では「弁当は今の時代200円じゃないと」や「250円の弁当なんか怖くて買えないよ」などど錯綜している。
今の日本人に足りないのは想像力で、ちょっと考えればわかるような「うどん1袋9円」は安すぎる金額と感じつつ、「ちゃんとしたス-パーだから大丈夫」とか「みんな買っているから大丈夫」とか都合のいい判断をすること自体が、誰も幸せに出来ないこんな企業を生んでしまい、最終的に消費者に跳ね返ってくるのだ。「うどん1袋9円」を買ったやからは、同じものが後日あっても、9円以上の価格になったものは買わなくなるし、これはまるで麻薬だ。

 

おすすめ記事

スパム 1

18年もネットの仕事をやってると、取引先やドメイン登録、外国のソフト購入等でメールを色々使ってきた。 使っているメールもフリーメールでないためスパムは非常に迷惑な話である。 近年は、詐欺メールが迷惑( ...

2

ページ目次1 親亀こけたら皆こけた2 直ぐに沈静化し、あったことも皆忘れる不思議3 AWSやGoogle Cloudが安全?4 本当の話5 最近の事故や流出事件6 安物買いの銭失い 親亀こけたら皆こけ ...

3

過大広告かの判断はそれぞれ個人にお任せますが、これまで以下のような文面が踊る。 ページ目次1 VRコンテンツの制作・公開・分析が1ツアーたったの800円/月2 GMOのレンタルサーバーの広告3 「今な ...

4

TVで吼えてた学生ベンチャー(テーブルクロス)システム開発6000万とか言っていたが本当か?TVの発言を聞くと、1年2年収入ゼロで必死で営業していたらしい。 と言うことは開発費が6000万じゃ無くて、 ...

no image 5

ページ目次1 杏林大学の助産師課程でパワハラではないのか?という噂が2 以下のようなことが囁かれているようです3 ご意見情報収集を求む 杏林大学の助産師課程でパワハラではないのか?という噂が あくまで ...

6

こりもせずレイバンスパムと同じ 興味本位でURL(リンク)をクリックするのはやめましょうね。 皆さん指摘されている「お見逃しな」で終わってる日本語で”アウト”ですね。 今回注目はヘッダー情報のIPアド ...

-日常

Copyright© ムーングレイ moongray , 2018 All Rights Reserved.